Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T1] まとめtyaiました【A-717についてのいらん知識】

このブログに「A-717」のキーワード検索で来られる方が結構いらっしゃいます。本当にありがとうございます。ちなみに、自分で検索してみたらこのブログが一番上に出てきてびっくり。それはさておき、自分で分解したりサービスマニュアルを見ればわかるのですが、パンフレ?...
トラックバック URL
http://mikunitmr.blog21.fc2.com/tb.php/388-a9840249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

A-717についてのいらん知識

このブログに「A-717」のキーワード検索で来られる方が結構いらっしゃいます。本当にありがとうございます。
ちなみに、自分で検索してみたらこのブログが一番上に出てきてびっくり。

それはさておき、自分で分解したりサービスマニュアルを見ればわかるのですが、パンフレット等のオモテの資料には全く書かれてないことを一つ。

A-717のスピーカー端子は、通常のアンプとは逆にA端子が下側に、B端子が上側に来ています。これは、オモテの資料では、「A端子側の方が配線長が短いため」と書かれています。
ところが、実はこれは半分間違っています。

確かに、ホット側(赤い方の端子)はA端子の方が配線長が短いです。
ところが、コールド側(黒い方の端子)は、スピーカー端子をハンダ付けしている基板のパターンの関係で、実はB端子の方が配線長が短くなります。

ですので、スピーカーを1系統しか使用しないのであれば、ホット側をA端子に、コールド側をB端子に接続すると、配線長が最も短くなります。
配線長にこだわる方はやってみて下さい。
なお、A端子もB端子も、コールド側はリレーも介さず常時アンプ基板とつながっているので、このような配線でも全く問題ありません(故障の原因にもなりようがないのでご安心を)。


ちなみに、中学の時の同級生からもらった方のA-717も、同じくスピーカーリレーが接触不良を起こしていたので、先に書いたのと同じメンテナンスをしました。



↓よろしかったらこちらもご覧下さい。
A-717記事のまとめ http://mikunitmr.blog21.fc2.com/blog-entry-391.html
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T1] まとめtyaiました【A-717についてのいらん知識】

このブログに「A-717」のキーワード検索で来られる方が結構いらっしゃいます。本当にありがとうございます。ちなみに、自分で検索してみたらこのブログが一番上に出てきてびっくり。それはさておき、自分で分解したりサービスマニュアルを見ればわかるのですが、パンフレ?...
トラックバック URL
http://mikunitmr.blog21.fc2.com/tb.php/388-a9840249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

自己紹介

秋葉原で働くダメリーマン。ヲタ。ADDとアスペルガー持ち(自称)。 調子に乗って躁になったり落ち込んで鬱になったりする。

謝謝臺灣!!台湾には心からの感謝を!!

mikunitmr

Author:mikunitmr
Get Microsoft Silverlight Get Microsoft Silverlight

Adobe Flash Player を取得 Get Microsoft Silverlight

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。